ホーム

任意整理費用を分割して支払いすることは可能なのか?

saimuseirihiyou

 

任意整理0は債務額のすくない方に適用され、もっともリスクの少ない方法といえます。

 

実際に私も行った債務整理もこの「任意整理」です。

 

私の場合250万円ほどの借金を3年かけて返済しました。

 

私もそうでしたが任意整理をするにあたり、気になるのが「代理人費用をどう捻出するか」ではないでしょうか?

※この場合の代理人とは「弁護士」「司法書士」

 

任意整理費用の分割について

aaa
私の場合、代理人は「弁護士」に依頼。

そして任意整理するにあたり35万円ほど弁護士費用が必要でした。

 

35万円といえば大金です。

 

特に私たちのように「今まさに借金に苦しんでいる人間」にとっては、借金のない方以上にこの額を捻出するのは厳しい。

 

そこで私は恥を忍んで弁護士に相談したところ「分割」ということにしてもらえました。

 

弁護士の方がおっしゃるには、今はほとんどの弁護士、司法書士の方が費用を払うこともままならない方のためにの救済処置として「分割」の制度を導入しているのだそうです。

 

ちなみに、借金の返済と弁護士費用の支払いが重なったのかといえばそうではありません。

 

まず私はこの弁護士費用を半年間かけて支払いました。

一か月の支払いは5万円ほど。

 

そして弁護士費用を支払った後、借金の返済がスタートしました。

 

こちらも弁護費用と同じくらいの5万円前後。

 

返済と支払いが重複することもなく、財布を締め付けることもありませんでした。

 

重複しなかったのは私に限ったことではなく、今はどこの弁護士、司法書士もこういった計画的なスケジュールを立ててくれるそうです。

 

ちなみに私の場合、支払いが中に金融会社から2社から過払い請求することができ、その金額代理人の支払額に充当することができたはうれしい誤算でした。

 

結論:任意整理費用は分割支払い可能

hiyoubunkatu
 

私の経験談をお伝えしてまいりましたが、結論を申し上げると「任意整理費用は分割での支払いが可能」です。

 

代理人の費用を支払いに頭を抱えて任意整理に踏み切れないという方は、安心して借金返済の道の第一歩を踏み出してみてください。

 

任意整理の返済に失敗しないために

bbb
任意整理は借金に苦しんでいる方にとって絶望から抜け出すには、何よりの方法だとおもいます。

 

ですが中には任意整理中に失敗してしまう方もおられるそうです。

 

これはなぜなのか私なりに考えてみました。

 

まず債務整理を始めるうえで任意整理や自己破産などいくつかの方法が考えられます。

 

ですが、どの方法を選択するかは借金額や収入、住宅ローンの有無などを考慮したうえで弁護士や司法書士などの専門家が決定を下します。

 

ですから、はじき出された方法は最善の策というわけです。

 

ではなぜこの「最善の策」としてはじき出された任意整理に失敗してしまうのか?

 

これは一概には言えないとおもいますが、大きくは「自覚の無さ」ではないでしょうか?

 

任意整理中に病気やリストラにあったりしなければ、基本的には、債務整理することで借金額は減りますから生活は楽になるはずです。

 

ですから、イレギュラーな事態さえ起こらなければ借金は返済できます。

 

それなのにイレギュラーな事態に陥るわけでもなく任意整理に失敗する人は「返済期間中」という自覚が足りない。

 

返済は永遠続くわけではありませんから、少し我慢すればいいだけの話です。

 

これから任意整理をするという方はこの「返済する」という自覚をもって任意整理に挑んでください!

 

最近の投稿
カテゴリー