任意整理費用を分割して借金返済しました » 債務整理情報 » 住宅ローンや車のローンについて

住宅ローンや車のローンについて

任意整理をするとしばらくの間住宅ローンや車のローンを組むことはできなくなります。これは、信用情報機関に金融事故情報が登録されるため、審査の段階で落とされてしまうためです。

この登録は、任意整理の場合は和解がまとまってから5年間です。この間は借り入れができないといわれています。ただし、現在日本の信用情報機関は3つあり、任意整理をした金融機関によって対応が分かれます。特に銀行系の情報機関は、他の消費者金融や信販会社が加盟している情報機関に比べると、情報の相互乗り入れしていない部分があります。

つまり、消費者金融で任意整理をした場合、その情報は銀行にはいかないことが多いです。消費者金融で任意整理をしても住宅ローンや銀行のマイカーローンは、通常の審査をしてくれる可能性があるのです。

また、ディーラーで取り扱っている車のローンは信販会社が取り扱っていることが多いのですが、消費者金融で任意整理をすると、その情報を信販会社でもキャッチしている可能性があります。信販会社によっては複数の信用情報機関に加盟している場合もあるためです。

このように任意整理をしたからといって、必ずしも住宅ローンや車のローンが組めないということはありません。一度審査を受けてみるといいかもしれません。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー