任意整理費用を分割して借金返済しました » 債務整理情報 » 債務整理の種類

債務整理の種類

債務整理には大別して2つあります。ひとつは任意整理でもうひとつは法的整理です。両者の差は法律に基づくか否かの違いですが、これに伴い官報に載るか否かの違いにも結び付きます。

任意整理は文字どおり法律に拘束されず、債権者と債務者の間で貸金等の債務を話し合いで減らして利息を減免するのです。弁護士などが入って行われることが多く、利息を全額減免の上で元本だけを3年から4年で分割返済させることが多いです。

これに対し法的整理は、破産法などの法律に基づいて行う債務整理の方法です。

法律に基づく方法のため、裁判所などが介入することになり、債務減免効果も高いです。特に住宅ローンは継続して返済させて他のローンなどを分割弁済させる個人再生の方法はマイホームを手放さずに済む債務整理の方法として利用者が増加しています。

自分が債務整理をする際はこれらの方法から選択することになります。

しかし、後々のことまで考えて選択する必要があります。債務が全てチャラになるからと自己破産を考える人も多いでしょうが、破産は自分の財産を全てとられます。

車も貯金もなくなります。それより個人再生や任意整理の方が適していることも少なくありません。
弁護士などの専門家に相談することをお勧めします。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー