任意整理費用を分割して借金返済しました » 債務整理情報 » 債務整理をした人はキャッシングできるの?

債務整理をした人はキャッシングできるの?

結論から申し上げると債務整理をした人は、しばらくの間キャッシングできません。

債務整理をした人は、どの金融機関も信用ができない人だと判断します。そのため、信用情報機関の照会でこのことがわかると、無条件で審査を打ち切ってしまうのです。一部の消費者金融はこのような人に対しても貸付をするケースがあるのですが、レアケースなのです。

とはいえ、この信用情報機関に登録される期間は決まっており、債務整理が終わってから最長でも7年間です。言い方を変えれば信用情報機関のデータが削除されれば再度キャッシングの申込ができるわけです。

しかし、世の中そこまで甘くありません。債務整理の方法にもよりますが、個人再生や自己破産は官報に公示されます。この公示データはネットで確認できるようになっており、その気になれば照会が可能です。

官報にもWEB版があり、有料会員になると過去のデータをすべて確認することができます。氏名から検索することもできるので、過去に債務整理をして官報に載ると永遠にデータが消えないのです。

キャッシングなどの審査はその基準や手法は公表されません。官報を照会しているとした場合、債務整理をした人は一生キャッシングできないという事もあり得ます。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー